消えた5%?数字マジック?【プレミアム付き食事券の割引率とお得な使い方】

スポンサーリンク
雑談・お得情報など


GoToEatのプレミアム付き食事券が

いろいろな地域で販売になったと思ったら、

ここ最近のコロナ感染急増!!

販売が中止になる地域もあり、今後どうなるのかいろいろな面で心配なところです(><)

そんな状況ですが、もう買ってしまったし………

今後のこともあるので、改めて

GoToEatのプレミアム付き食事券
その割引率端数が出た場合の使い方について考えてみました!


GoToEatのプレミアム付き食事券は『購入金額の25%上乗せした食事券』です。

地域により販売金額はちがいますが、率は同じになっています。


10000円で12500円の食事券

8000円で10000円の食事券


あれ???

重大な勘違いに気づいてしまいました!!

25%上乗せだから

25%お得なんだ‼️

25%OFFなんだ‼️
って、思っていたら

25%OFFではなくて

20%OFFなんですよね‼️


20%OFFでもかなりお得だけれど、、、


なんとなく騙されたような?数字マジック???

5%はどこに消えちゃったのかしら??といった感じです。

しかも、ピッタリな金額で使えるわけではないので

実際の食事での割引金額は20%以下となります!!

食事券の端数の金額どう支払う?


食事券はお釣りがでません

地域によって1000円券のものと500円券のものがあります。

けれど、会計がピッタリ500円、1000円単位で割り切れるわけではありません。

微妙な金額の時は悩みます。

例えば“800円“や“950円“の時など、食事券を出すべきか否か。

食事券を使う ボーダーラインは?

500円券は400円

1000円券は800円で、

購入していることになるのでその金額より上ならば

券を使った方が得な計算です。

使用例

支払い金額が800円の場合

①1000円の食事券を使った場合:実質800円の支払い

②500円の食事券と現金300円を使った場合:実質700円の支払い(実質12.5%OFF)

支払い金額が900円の場合

① 1000円の食事券を使った場合:実質800円の支払い(実質11.1%OFF)

② 500円の食事券と現金400円を使った場合:実質800円の支払い(実質11.1%OFF)

支払い金額が950円の場合

① 1000円の食事券を使った場合:実質800円の支払い(実質15.8%OFF)

②500円の食事券と現金450円を使った場合:実質850円の支払い(実質10.5%OFF)

※なかなか奥が深いです!!

とっても実践的な算数の勉強になりそうです!

学校での勉強って大事

なにはともかく

早くコロナがおさまりますように、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました