石塑ねんど⑧セリアの造形ねんどで作った物❤️【セリア🆚DAISO🆚パジコ】ねんどの違いは?

スポンサーリンク
手芸

これまでの様子は→

製造年月日が古かったからなのか

超かたかったセリアの“造形ねんど“

水を加えて練ること20~30分!で使える粘土のかたさに復活させて作ったものをご紹介♪

ぬりかべのペン立て! と仲間たち いったんもめん&目玉のオヤジ♪

技術と気力がなくて、底がありません…(苦笑)

若干、妖怪との戦いで傷ついていますが、私としては合格点♪

前に買ったぬりかべのペン立てのパクリであることは内緒です

ムーミン谷のニョロニョロ

昔から大好きなニョロニョロ❤️

なんの役にも立ちませんが、作ってみました(白いから色塗りの必要もなくて簡単だし)

クッキー型のアロマストーン

PADICOのねんど型を使用して作りました

PADICO ねんど型[キッズ]

本体サイズ:W90×H75mm

価   格:380円(税別)

ねんどを詰めるだけでフルーツやスイーツのパーツが簡単に作れるねんど型です。

※ねんどの型取り前にモールドオイルを塗っておくと、簡単に型からねんどを抜くことができます。

やわらかいシリコンではなくカタイタイプです。

※フリマアプリで中古品を税込・送料込み300円で購入しました。

100円クーポンがあったので実質200円。

しかも、可愛いシリコンの型がおまけでついていました(>U<)

セリアの造形ねんどを使ってみての感想

使用感

カタイ❗️

ちょうど良い硬さになるまで、水を加えながら練り込むのに約20〜30分❗️時間がかかりました。

その後は取り扱いやすいかたさでした。

最初に固かったのは製造年月日が古かったのか、元々そういう固さの粘土なのかは

わかりませんが、同じ固さの粘土はもう買いたくないです💦

なめらかさ

表面のざらつきはありますが、紙やすり#180#400で滑らかになります

DAISOの石粉ねんどと同じような感じです。

比べるとプルミエねんどの方が柔らかで滑らかでしたが

このくらいの作品では問題ない感じです。

白色が綺麗なのはダントツでプルミエのねんどです。(写真では少しわかりづらいです)

DAISOの石粉ねんどと同じような感じです。

プルミエに比べるとややグレーっぽいです。

総合的に

きめ細かさ、白さ、軽さはプルミエがダントツで優れています!

ただ、ねんどの質に見合う作品を作る実力が伴っていないので

価格の安い(プルミエの4分の1)セリアの造形ねんどやDAISO石粉ねんどで十分な気がします。

ただ、セリアの造形ねんどは柔らかくなるまで20〜30分ねらなければならなかったので

DAISOの石粉ねんどの方が良さそう………

ねんどの質と技術が比例してくれれば(><)

コメント

  1. まひる より:

    粘土もいろいろですね。硬いものはなじむまでが大変ですね・・・
    ぬりかべと目玉のおやじが可愛いですね!

タイトルとURLをコピーしました