『玄米で発芽玄米は作れるのか?』〜夏休みの自由研究もどき😏〜

スポンサーリンク
レシピ

玄米で発芽玄米は作れるのか?

事の発端は排水口。

排水口のネットで何やら育ってました(^^;

数日前に流してしまった玄米がそこで芽を出していました。

ここ数年、玄米を食べているのですが(米を玄米でもらうので😅)

こんなことは初めてで驚きました。

掃除の頻度は一緒だし………

いつもより大量に玄米を流してしまったのか………

今年の気候がよかったのか…………

料理頻度が少なくて排水口への負担が軽かったのか………

思い当たることがあるようなないような。

とにかく、玄米から芽がでることは証明されました。

そして、排水口で育つくらい丈夫なことも確認できました。

と言うことは、いつも食べている『玄米』を

健康に良いと言われている『発芽玄米』として食べることができるのでは!!

どのタイミングで発芽玄米になるのか玄米の成長の速度

普段炊いている玄米の様子についてチェックしてみました!

発芽玄米とは

玄米を1晩から2晩程度、20℃から30℃の水に浸し、0.5mmほどの芽が出た状態にしたもの。

玄米よりも栄養価が高く、消化効率も良い。

発芽玄米の作り方

①玄米をよく洗って水に浸す

夏場は24時間・冬場は48時間程度様子を見ながら発芽するのを待つ

③途中で数回水をかえる

0.5mmほど芽が出たらOK!

玄米の成長の様子

玄米がどの程度発芽するのか実験してみました。

季節は7月。やや暑い日々です。

場所は台所。いつもご飯を炊いている環境です。

いつも食べている玄米を24粒使って育ててみました。

若干発育に差がありつつ全部芽が出ました!

夏場で気温が高いせいか、2日後(約48時間後)には根が出て、食べるには成長し過ぎていました。

せっかくなのでそのまま生育中です(笑)

タイトルの写真は約2週間後の苗?です。

※排水口の方が成長スピードが速かった気がします。栄養があったのかもしれません。

いつもの炊き方をチェック! 〜炊いているのは 発芽玄米なのか??〜

いつも、夜に玄米を水に浸け、朝炊いています。

一晩経つと玄米が水分を吸収しています。

写真ではわかりにくいですが、色もやや白っぽくなっています。

発芽玄米の一歩手前?

いつもより

もう少し浸す時間を長くすると良さそうです。

発芽玄米。水に浸ける時間を調節するだけで簡単にできそうです。😏

※暑過ぎる夏などは、成長し過ぎたり、いたんでしまわないように注意が必要です。

 そんな時は冷蔵庫に入れると安心です。

玄米育成実験、自由研究みたいで楽しかったです♪

食べ物で遊んではいけませんが(苦笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました