巨大過ぎるオクラ⁉️

スポンサーリンク
レシピ

見慣れたカタチ?の見慣れない大きさの野菜をいただきました。

これは………⁉️

オクラ‼️

スーパーなどで見かけるオクラは10cm程度のものですが

このオクラは・・・

一番大きいものが約23.5cm‼️

とにかく大きくて存在感がすごいです。

オクラにはいろいろな種類があるようですが、

この巨大なオクラの種類を聞くことができず、謎のままです(^◇^;)

オクラの茹で方について

参考(抜粋)させていただいたページ→https://www.kagome.co.jp/vegeday/eat/201706/6776/

茹でる方法

ヘタの下処理をする

ヘタの周り(ガク)の硬い部分を、包丁の柄に近い方で面取りするように削り取る。

また、軸の硬い部分も切り落とす。

うぶ毛をとる

オクラをサッと水洗いしボウルに入れ、塩をまぶして指で優しくこする。

一度にたくさん処理する場合は、水洗いしたオクラをまな板の上に置き、

塩をふって手のひらでやさしく押さえながら前後に転がして、表面をなめらかにする。

茹で

沸騰した湯に下処理したオクラを入れ、サッと茹でる。

茹で時間は1分ほど。

ポイント!

オクラは茹で方で食感が一変!異なるおいしさを楽しめる

●歯ごたえを活かす

かために茹でれば、粘りが控えめで、シャキシャキとした食感に。

他の食材とあえる場合などに、しっかりとした存在感を出せる。

●とろとろ食感を楽しむ

長めに茹でてやわらかくなってから刻むと、皮の食感が気にならず、

中身のネバネバ、とろとろの食感が楽しめる。

調理・実食レポート

実は、今まで自分でオクラを調理したことがなかった私。

慌てて調理方法を調べました(^^;

が、しかしこの大きさのオクラの茹で時間を見つけることができず………

適当に5分くらい茹でました。

やや柔らかい仕上がりとなりましたが美味しかったです。

ヘタの下処理はしたけれど結局ヘタの部分は食べませんでした。

一番大きかったオクラはやや皮が硬く、種に存在感がありました。

食べ方

素材の味を極限まで引き立てるのが私のモットー‼️

ほぼ味付けなしで食べました(^^;

(めんつゆやマヨネーズをつけてもおいしそうです♪)

オクラだけでお腹いっぱい大満足でした♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました