禁断のレシピに手を出してしまう【雪見トースト】

スポンサーリンク
レシピ

ずっと気になっていた【雪見トースト】

雪見だいふくを焼いてしまうという大胆なレシピです。

『雪見だいふく』自体が完成されたスイーツなのに

そこに手を加えるなんて、雪見だいふくに対する冒とくなのでは‼️

思っていたら、雪見だいふくの公式ページにも

レシピが載っていたので、堂々と作らせていただきました❣️

New 雪見だいふく

公式ページ

冷たくコクのあるバニラアイスをふっくらやわらかいおもちで包みました。40年間夢見た理想のおもちがついに完成!おもちの弾力がアップし“弾むぷにぷにモチ“になった雪見だいふくをぜひお楽しみください。

栄養成分(1個当たり)

エネルギー83kcal
たんぱく質1.0g
脂質2.6g
炭水化物13.8g
食塩相当量0.045g

禁断の雪見トースト

公式ページ

材料&エネルギー

分量エネルギー
食パン(6枚切り)1枚約150kcal
スライスチーズ1枚約50kcal
雪見だいふく1個83kcal
合計
283kcal

作り方

①食パンにスライスチーズをのせる

②雪見だいふくをのせる

③トースターでこんがり焼く

実食レポート

いざ作ろうとしたら、チーズ問題発生‼️

スライスチーズはとろけないタイプとろけるタイプどっち???

せっかくなので両方試してみることに♪

とろけないタイプのチーズの場合

トースターで熱せられていく雪見だいふくに

どろどろにアイス溶けない???どこまで焼けば良いの???』と

目が離せませんでした。

均一に焼くことができない我が家のトースターで

半分はこんがり気味、半分はレア気味の仕上がりに😱

チーズのしょっぱさとバニラアイスの甘さが絶妙でした。

おもちの食感がリッチな気分にさせてくれて美味しかったです❤️

けれど、どんどんとアイスが溶けて液体になっていくので

こぼれないようについつい早食いに(^^;

とろけるタイプのチーズの場合

とろけないタイプのチーズのときよりも大胆に

雪見だいふくのカタチがなくなるくらいまで焼きました。

アイスが溶けてチーズやパンと一体に。このくらい焼いた方が好きかも♪

でも、やっぱり

溶けたアイスがこぼれないようにやっぱり早食いに(^^;

とろけるタイプのチーズは、とろ〜んとチーズが伸びるのが好きなのですが、

冷たいアイスが乗ったせいか、チーズが伸びてはくれず……

とろけるタイプのチーズもとろけないタイプのチーズでも大差ありませんでした。

結論:チーズはどっちでも良い‼️

とろけるタイプでも、とろけないタイプでも冷蔵庫にある方で。

チーズのかわりにお餅がよく伸びてくれました♪

焼きすぎるとお餅が歯について食べにくくなる感じです(^^:

罪悪感たっぷりのトーストですが、食事とデザート一緒に食べたと思えば

むしろ低カロリー???(個人的感想です😅)

コメント

タイトルとURLをコピーしました