不思議な缶詰⁉️【プルコギツナ】

スポンサーリンク
美味しいもの

スーパーのおつとめ品コーナーで変わった缶詰を発見

【プルコギツナ】

プルコギ?

ツナ?

缶詰?

不思議ワードが詰まって98円(税込106円)

半額以下になっていました。

心置きなく冒険できる価格です(*^^*)

プルコギツナ

甘めのプルコギソースの味付けツナで、ごはんのお供にぴったり。じゃがいも・にんじん・グリーンピースもたっぷり入っています。オムレツ、ピザ、チャーハンなど、アレンジ料理にもお試しください。

名称味付カツオ
原材料名カツオ、プルコギソース(砂糖、還元水飴、醤油、玉ねぎ、その他)
野菜(じゃがいも、にんじん、グリーンピース)
植物油脂、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)
調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、甘草)
カラメル色素、酸味料
(原材料の一部に小麦、乳、牛肉を含む)
内容量100g
原産国大韓民国
輸入者東遠ジャパン株式会社

栄養成分:1缶(100g)当たり

エネルギー130kcal
たんぱく質11g
脂質4g
炭水化物11g
ナトリウム440mg
(食塩相当量)1.1g

実食レポート

中にはツナとじゃがいも・にんじん・グリンピースが入っていて

カラフルです。

手間もヒマも他の食材もなかったので、簡単に、

電子レンジで温めてご飯に乗せて食べました。

甘くて酸味のある、食べたことがあるような無いようなちょっと不思議な味でした。

プルコギは“肉“のイメージなので、“ツナ“になるとだいぶイメージが変わってしまい

プルコギってこんな味だったけ??“と

自分の『プルコギの定義』に自信がなくなってしまいましたが

美味しかったです。

オムレツやチャーハンやうどんなどにアレンジして食べても美味しそうです。

気になったので、調べてみました。

プルコギとは:朝鮮半島の代表的な肉料理の一つ。醤油ベースで甘口の下味をつけた薄切りの牛肉を、野菜や春雨と共に焼く、あるいは煮る、朝鮮戦争最中に庶民の間で生まれた料理である。(Wikipediaより)

やはり、“プルコギ“と言えば“牛肉“で正解のようです。

タイトルとURLをコピーしました