旅行最後のイベント?道の駅で購入した山葡萄でジャム作りに挑戦‼️

スポンサーリンク
美味しいもの

旅先の道の駅で『山葡萄』を発見しました。

さすが、道の駅。スーパーでは売っていないような物を売っています。

食べ方もよくわからないまま興味をひかれて購入してみました。

お店の人は

『山葡萄ワインにすると美味しいですよ♪』とおすすめしてくれました。

自分で飲む分ならワイン作っても大丈夫だよ!というニュアンスでしたが、調べてみるとアルコール度数1%以上のものを作ると違法になるようです。

こっそり作っている人多そう(^^;

ワインも作ってみたいけれど、いろいろな意味で自信がないので、ジャムを作ることにしました♪

山葡萄ジャム レシピ

材料(今回使用した分量)

山ぶどう450g
砂糖250g
200ml

手順

  1. 山ぶどうを房ごと水で洗い、ザルにあげて水気を切る。その後、一粒ずつ房から外す
  2. ぶどうの粒をホウロウの鍋に入れ、火にかける。沸騰させない程度の火加減で加熱しながら、木べらなどで潰す
  3. 10分位加熱すると、果汁がたくさん出てきているので、鍋やボールにザルを重ねて、山ぶどうをあける。
  4. ザルの上で粒をよく潰し、ジュースをしっかりとる
  5. ザルに残ったしぼりかすを鍋に戻し、水200mlを加え、沸騰させないよう5分程加熱する。(さらにジュースが取れます)
  6. 再びザルにあけ、ジュースをしぼりかすに分ける。(ガーゼなどを使ってしっかりしぼる。)熱いので注意 ※ガーゼには142gのかす(タネ・皮など)が残りました。
  7. ④と⑥でとれたジュースを合わせて重さをはかり、ジュースの半分の重量の砂糖を加え、鍋でかき混ぜる。※ジュースが約500gだったので砂糖250gを加えました。
  8. ふきこぼれないように火加減に注意しつつ、かき混ぜながら煮詰める(30〜40分位)
  9. 量が2/3位に煮詰まったらできあがり。冷めると硬くなるので、煮詰めすぎないように注意。
  10. 熱いうちに煮沸消毒した保存瓶に入れ、しっかりフタを閉め逆さにして冷やす。冷暗所で1年ほど保存できる

参考にさせていただいたレシピ→山ぶどうジャム(タマゴマゴマゴさん)

調理レポート

調理の前に1粒味見。

”超酸っぱい”

やはり、このままでは食べられない酸っぱさでした。

粒が小さいので1粒1粒房から外すのに手間取りました。

そして、思ったよりも粒がかたくて潰すのが大変で、種もたくさんあり、ジュースを搾るのがとても大変でした。完成するまでに1時間以上かかりました。

冷めると硬くなるので煮詰め過ぎないようにと書かれていたので、冷めたら硬くなると思ったら、思ったよりも硬くならず、シャバシャバなジャム?ソース?みたいになってしまいました。

けれど、味はバッチリ❤️

甘酸っぱい山ぶどうの美味しいジャムになりました。

税込627円の山ぶどうを使って、1時間以上かけてちょうど1瓶(約400g)のジャムができました。

冷静に考えるとちょっと高級なジャムです(^^;

けれど、買って作って食べるまでが旅行のイベントだと思えば大満足です♪

タイトルとURLをコピーしました